イッセイ

記事一覧(23)

モンキー47 MONKEY47

ドイツの伝説的なクラフトジン”モンキー47”http://youpouch.com/2013/01/24/100735/より引用イギリスの退役軍人モンゴメリー・コリンズという人物。シュヴァルツヴァルトで宿を経営していた彼は、余暇に地元の森で取れる原料を使った自分だけのオリジナル・ジンを造るほどのジン好きでした。さすがイギリス人!

2000年代に入り、彼の遺品から『お猿のマックス、黒い森のドライ・ジン』と手書きされたボトルが発見されて話題に。”お猿のマックス” とは、彼が第二次大戦直後のベルリン復興計画に携わった際、スポンサーになっていたベルリン動物園のオナガザルの名前です。

そのニュースにインスパイアされたのがアレックス・スタイン氏。蒸留職人のクリストフ・ケラー氏と試行錯誤を重ね、新たな最高の味として生み出したのがこの『モンキー47』。ラベルには、モンゴメリー氏に敬意を表してお猿の絵が描かれているというわけです。で、このモンキージン、ブラックフォレストで取れる47種類ものボタニカルと47°に仕上げたジンなので"47"とついていますボトルをそのまま香っても香水のように爽やかで複雑な香りジントニックにすると、トニックの炭酸と一緒に香気が立ち上がり、口に含むと複雑なボタニカルが爆発しますお世辞抜きに最高のジンです。都内でBarで飲んだらかなりお高いジンです。高円寺価格でやらせてもらっています是非、当店にいらした際にはお試し下さい